1. みやた形成外科・皮ふクリニックHOME > 
  2. 当院が行う新しい治療法

新しい物好きの人へ


最近は新しい治療法が目白押しで、私自身情報を収集するのに苦労しています。新しい情報を聞いても、すぐ別の機械が登場するのが現状です。皆さんも非常に気になっていることと思います。当院での新しい治療法の中で特に他院ではあまり行われていないもの、また導入予定はないが新しくて注目に値する機械などをここでは呈示いたします。良いか悪いか判らないものもありますので、参考までにという部分もあることをご承知下さい。

しかし振り返ってみると当院の治療法は非常に多岐に渡っており、これは結局一つの治療法で完璧ではないために、よりよい方法を求めた結果なのかなと感じています。

1. 当院で行っている新しい治療法

Picoway ピコ秒レーザー:従来のレーザー発振時間を遙かに短くしたピコ秒(1兆分の1秒)単位で発振されるレーザー機器。非常に短い時間出るため熱の発生がなく、またごく短時間でエネルギーを伝えるためにガラスを粉砕するように組織を機械的微細に粉砕するとされています。入れ墨の治療のスタンダードとなりつつあり、またシミ治療にも切れの良い効果を出します。

ゼルティック(クルスカ):脂肪組織を凍結させて減量させる新しい痩身機器。皮膚と皮下脂肪の凍結温度の違いを利用し、脂肪組織だけを標的に凍結破壊します。但し、劇的に痩せる治療ではなく、ポイントで気になる皮下脂肪を減少させる部分痩身の治療法です。大体1回あたりコロッケ1個分の脂肪量が減るという印象です。

ウルセラシステム:超音波を使い、たるみの大本であるSMASという筋膜(フェイスリフト手術で持ち上げる筋膜)を引き締める治療方法。理論的にたるみの根本から改善されます。当院院長はアジアで最初に臨床試験をしたメンバーの一人です。

VeloHIFU(ベロハイフ):ウルセラシステムは痛みが強いため、同じ原理を用いつつも、もっとシンプルに痛みが殆どなく施術可能とした機器。国内導入時の評価をさせて頂きました。

イージスヤグ:国産のNd:YAGレーザー機器を改良した新しいシワ治療機。レーザーフィラー(レーザーの注入剤)と称される、局所のボリュームアップ機能が期待されます。当院は開発の際に様々なアドバイス、情報提供をしました。

アクセントウルトラ:施術名はウルトラアクセント。横波超音波を用いて脂肪細胞膜を特異的に破壊する機器。皮下脂肪を溶かし、ボディラインを綺麗にします。手術ではない・痛みがない・ダウンタイムがない脂肪吸引と言えます。3回以上は最低必要で、5〜6回で1サイクル。

Vシェイプ:アクセントウルトラの新しいハンドピース。より浅い皮下脂肪を破壊することを目的とする、つまり顔面の脂肪を減量できる数少ない治療機器。浅い層の脂肪を減らせるということは引き締め効果にもなるので、老化して重く垂れ下がってきた法令セインやフ

フラクショナル炭酸ガスレーザーeCO2(エコツー)・CO2RE(コア):炭酸ガスレーザーをフラクショナル状に照射、無数の細かいレーザー照射により皮膚表面を安全に削ったり、引き締める方法です。ニキビ跡や傷跡に大変有効な治療ですが、しばらく赤みや出血

PRP:自己血液から血小板細胞を取り出し、濃縮して注入する、自己細胞利用型の美容医療。血小板は傷を治す際の初期コントロールタワーとして様々な成長因子を放出しますので、コラーゲンの増加などを促します。皮膚の張りが出たり、少し厚みが出るような効果です。

レディエッセ:ハイドロキシアパタイトという既知の成分を注入し、輪郭矯正に用います。鼻や顎、法令線の改善に。

ヒアルロン酸によるリフトアップ:従来のヒアルロン酸のように水を埋める手法ではなく、深い層に注入し、若い頃の輪郭に形成をする手法。

 

2.当院導入予定の新しい治療法の紹介

 

SculptSure:切らずに、痛みなく、脂肪をレーザーで融解する機器。世界的に非常に期待がされている機器です。

 

3.当院で導入していないが、新しい治療法の紹介:導入するかどうかは状況次第です。

Tixel:400℃の高熱を持ったピンをフラクショナルレーザーのように肌に密着させ純粋な熱作用だけで肌質改善を促す機器

 

ソプラノ:ダイオードレーザーによる脱毛機。1秒間に10発照射可能です。痛みがない脱毛機器として中国などでは非常に売れ行き好調なようです。

 

注意:なお、導入していない治療器に関しては情報として呈示しているだけです。当方で所有していない機械ですので、詳細な情報は該当クリニックへお問い合わせ下さい。お電話などでの問い合わせはご容赦下さい。

トップへ