炭酸ガスフラクショナルレーザーeCO2(エコツー)plus

ニキビ跡や傷跡、毛穴のレーザー治療の中では、現在最も強力であり、通常のフラクショナルレーザー(スターラックス1540、フラクセル、アファームなど)の数倍の効果が得られる治療機です。
本邦初導入で、現在では国内で最も多くの症例を実施しています。さらに私が提案した装置をメーカーが開発、機能追加した本邦初のeCO2 plusバージョンに進化しました。

この治療機器は効果も非常に高い分、仕事などに支障の出るダウンタイムという期間が長い治療です。
従来、ニキビ跡や傷跡には、表面を純粋に削り取り、2週間程度で治る傷を作り、その後数ヶ月から1年にわたる赤みや色素沈着を経て劇的に改善するアブレージョンという方法、もしくはフラクショナルレーザーという皮膚に微小な穴を開けて収縮させる方法(数日間の赤みが生じ6~8回の治療を要する)が用いられてきました。eCO2(エコツー・エコ2)はこの中間に位置する治療となります。
従来のフラクショナルレーザーの進化板、もしくはよりハードな治療法とご理解いただければ結構です。韓国や米国ではこの治療法がニキビ跡などには主流となりつつあります。それだけ有効な手段なのですが、出力に比例して赤みの期間が長くなりますし、点状出血なども生じます。ハイリスクハイリターンの治療ということです。
この出力を抑え、ダメージを最小限にして、小じわ、張り、つや感の改善を図るエコツーフェイシャルという施術もあります。詳細はこちらへ。


その治療理論ですが、レーザービームが0.12mmという微小サイズに設定されており、これを一瞬で多数照射、皮膚に無数の穴を開けます。右の図のように、ちょうど蜂の巣状に皮膚に穴が開くとお考え下さい。
穴の深さ、つまり出力が強いほど効果も高くなりますが、出血が多くなり、照射の密度が増すほど赤みが長く残ります。この穴が開いた部分周囲は熱が発生し、周囲の皮膚は収縮します。また穴が治癒する際にも皮膚は収縮、コラーゲンが増加していきます。これによって傷をぼかしたり、線状の傷跡の幅を狭めたり、また凹みを縮めていきます。小じわも引き締め効果で改善します。多くの場合、1回でも効果は少し感じますが、照射ムラの補正も兼ねて2ヶ月おきに3回程度の治療が基本となります。

炭酸ガスフラクショナルレーザーeCO2(エコツー)plusによる照射模式図
照射模式図

右の図は照射した状態を断面で見たものです。一番左が直後の状態です。しっかりと穴が開いています。この深さは最大で2.5ミリにまで達します。一番右のように14日すると皮膚は治癒しています。

炭酸ガスフラクショナルレーザーeCO2(エコツー)plusによる照射断面図

このeCO2、導入時のバージョンはpremiumというものでしたが、現在はplusに進化しています。この違いはノーマルスーパーパルス炭酸ガスレーザーによるアブレージョン(皮膚を削る)が可能になったバージョンで、より強くニキビ痕などを削ることもできます。
治療手技には深く削る、周囲に熱を与える、照射径を変更する、全面で削るなど幾つかのモードがあります。
これらをTotalとして組み合わせる治療が可能で、同日照射の際はポイントで深い部分は強く削り、毛穴などの広範囲に拡がる要素も持つものの治療には周囲に熱を与え、額などや炎症を軽く抑えたい部位には熱発生を抑えるなどオーダーメイドに、症状に応じて治療を可変可能です。pointのみ強く照射すると赤みはまるでニキビのようであり、目立ちません(全体ももちろん赤くはなりますがダウンタイムは短くなります)。出力も幅広く可変でき、100mj以上という他機種では実施の難しい高出力も安全に照射できます。

現在登場しているフラクショナル炭酸ガスレーザーの中では、ずば抜けて豊富な組み合わせ治療が可能な機種となっています。白人とは肌のタイプの異なる日本人の肌ではこのようなデリケートな使い分けが必要となります。

つまりは単にエコツー照射といっても、設定・医師の技術次第で、効果も大きく異なるため、当院では機器を製造している国であり、かつ先行して治療が進んでいる韓国を何度も訪れ、数多くのドクターから設定方法を学び、かつ日本人向けにアレンジした治療を行っています。現在、韓国のデータを参考に他院よりもかなり高出力照射を実施、大きな変化を得ており、いかに安全に強く照射するかがこの機械のポイントと思われます。

今までのニキビ跡治療では得られなかった改善の手応えを感じており、他のフラクショナル炭酸ガスレーザーや通常のフラクショナルレーザーでは満足されなかった人、少ない回数で大きな変化を得たい人にはお勧めできる治療法です。

しかし、もちろん治療後の赤みや出血などのダウンタイム期間は1~2週間、ハードに削ればさらにそれ以上、覚悟をしていただく必要があります。


eCO2 plusの治療手順

実際の治療手順ですが、前処置として、まず麻酔のクリームを30~60分塗布、その後治療となります。麻酔しても少し痛みはあります(小範囲の傷跡などの場合は麻酔無しで実施します)。治療時間は両頬で10分弱、その後30分程度冷却をしてお帰り頂きます。

最も気になるのが治療後の経過だと思います。下の写真(メーカー提供)のように翌日はかなり赤みが強く、照射出力によっては点状の出血があちこちに生じます。この写真の出力はさほど強くないので、1週間程度で正常に近くなっていますが、出力や肌質によっては回復に2~4週間程度かかることもあります。出力を上げるほど効果も大きくなりますが、リスクも高くなるので、適切な設定が重要です。無理してリスクを冒すのではなく、回数をかけていきます。

炭酸ガスフラクショナルレーザーeCO2(エコツー)plusによる治療 治療前から治療8日後の様子

この治療はかなり大きな変化をもたらすことができますが、治療後のケアも重要です。治療後24時間は治療部を濡らしたり、石けんをつけたりはできません。皮膚に穴が開いているので、その点は十分に理解していただく必要があります。それ以降は擦らないように洗顔などは可能となります。またメイクも軽くなら可能になります。24時間は肌を触らないよう保護剤を貼付します。そして、強い赤みが引くまでの数日間は炎症を抑えるクリームを使用いただきます。その後は必要に応じ保湿と創傷治癒効果のあるクリーム・ローションを1ヶ月程度使用します(このクリーム・ローションは1万ほどの実費がかかります)。治りが悪いと、色素沈着や痕が残るなどのリスクがありますので注意が必要です。
出血点が生じると、5日程度は残ります。いわゆるダウンタイムというものが大きくは4~5日、メークで隠せる程度の軽いものは1~2週間とお考え下さい。

そして、ダウンタイム、つまり赤みやかさぶたの期間が長くなるのを構わずに、強く照射してほしいという希望が最近急増していますが、重要なことはダウンタイムが長いということはハイリスクということです。赤みは長く続いても結果が良ければ良いという考えは間違いで、赤みが長引くほどトラブルを起こす可能性も高くなります。リスクを十分に承知した上で、より強い治療をお受けになる事が基本です。このことは忘れないで下さい。

以上、新しい治療としてのフラクショナル炭酸ガスレーザーeCO2の概略を紹介しました。この機器はブリッジセラピーアンコアと並んで、現在最も強いフラクショナルレーザーの一つです。ブリッジセラピーと比較しての最大のメリットは、同じアジア人である韓国人の皮膚を基礎研究して開発されているために、米国で開発されたものと比較して日本人向けの設定が多数用意されていること、アジア人の臨床データが豊富なことです(もちろん米国でも認可・導入されています)。さらに豊富な出力設定と、かなりの高出力を安全に照射可能なことが挙げられますが、逆に難しいのが、医師の技術により効果が大きく異なってしまうことでしょう。

そして現在、当院ではより新しいフラクショナル炭酸ガスレーザーCO2REを導入しました。eCO2とブリッジセラピーの両者の機能、そして通常のアブレージョン(削り取り)機能までも有する万能型・デジタル制御のレーザーで、非常に幅広いことができる優れた機器です。eCO2と併用するなど、当院独自の更なる治療法も行っており、良好な結果が得られています。

さて、治療費ですが、両頬で6万、鼻頬で8万、小範囲の傷跡で1.5万~となります(それぞれ消費税別)。他院の同様の治療よりはかなり安価に設定しているつもりです。また、ご希望の範囲によって費用は異なります。

eCO2 plusの症例写真

海外での症例
治療によって大きな変化が得られています。
炭酸ガスフラクショナルレーザーeCO2(エコツー)plusによる治療 海外の症例
当院での症例
患者様の許可を頂いて掲載しております。
4回施術後の写真。かなりハードなモードでの治療です。
治療前
炭酸ガスフラクショナルレーザーeCO2(エコツー)plusによる治療 当院の症例
治療後
炭酸ガスフラクショナルレーザーeCO2(エコツー)plusによる治療 当院の症例

eCO2(エコツー)plusの予約へ

ホーム

診療案内・地図