1. みやた形成外科・皮ふクリニックHOME > 
  2. 小鼻の修正

小鼻の修正

小鼻の修正と一口にいっても希望は様々です。鼻が大きく見えるので小鼻を小さくしたいという人や、鼻先が大きいので細くしたいという人もいます。通常小鼻とは鼻翼といって鼻の外側の膨らみをいうのですが、実際には鼻先(鼻尖)が大きい人も小鼻を修正したいといって来院されます。

いわゆる小鼻の修正は付け根の部分を必要なだけ切り取って小さく見せます。もちろんただ単純に切り取るのではなく、その付け根の部分についている筋肉を上手く処理したりすることも必要です。形も細く綺麗に見せる必要があります。黒人のような鼻から白人のような鼻へという変化を期待すると思いますので、これを可能にするよう様々な技術を用います。傷跡は小鼻の脇の頬への付け根・境界部分に一致しますので目立ちません。

鼻先を細くする場合は鼻の穴(両側)の中から切って、小鼻の軟骨を中心に引き寄せ、同時に余分な軟部組織(ふくらんでいる原因)を除去します。傷跡はできるだけ鼻の穴の中で済ませますが、オープンメソッドと言って、少し鼻の穴の間の皮膚(鼻柱)を横に切ることもあります。

両方とも1〜2週間は腫れます。また小鼻の修正はいくら目立たないからといっても表からメスを入れる方法です。慎重に適応を選択しています。

[ 美容外科の手術:鼻 ]

隆鼻術 小鼻の修正

トップへ