しみ・そばかすの最新治療

皆さんはしみ・そばかすに悩んでいませんか?高い美白化粧品を使って、しみが消えないとあきらめていませんか?そして、メークで何とか隠そうと努力していませんか?
同窓会や結婚式など、しみ・そばかすをどうしても取りたい時期もあることでしょう。

当院では、しみ・そばかすに対し、レーザー等最新の治療法を組み合わせ、皆さんにご満足いただく結果を出しています。もちろんご本人の希望を最優先し、レーザーだけではなく最適な治療法を選択しています。


まず、しみの種類をお示しした上で、それぞれの治療法も解説します。

老人性色素斑
いわゆる加齢により出現したシミです。境界が明らかで茶色く扁平です。除去にはレーザーが有効です。
日常生活をそのままに治療したい場合は、顔全体のシミを薄くする方法としてフォトセラピー(スターラックス)があります。
雀卵斑
そばかすです。子供の頃から存在し、思春期に濃くなりますし、成人以降も紫外線の影響で数が増えていきます。
きちんとレーザーを用いれば必ず改善します。レーザーが特効薬的治療とお考え下さい。
もちろん正しく照射しないとトラブルは発生します。診断をつけて正しく治療すれば大丈夫です。
但しレーザーの場合はかさぶたができる期間など制約がありますが、かさぶたに対してはレーザー治療後専用のコンシーラーで対応もできます。
全に除去しなくても、薄くなればいいという人にはフォトセラピーやレーザーフェイシャルなどの方法もあります。
なお、思春期には全くなく、成人後初めて出たものは小さなシミであり、そばかすと異なります。
脂漏性角化症
表面にざらつきのある盛り上がったシミです。真っ黒なこともあります。大抵多発します。
レーザーのみで取りきれないことも多く、微弱電流とレーザーを組み合わせます。
肝斑
女性ホルモンの影響で出現する両頬の広範な淡いシミです。下まぶたのごく傍にはないことが殆どです。
レーザーを照射してはいけません。濃くなります。
クリーム・ピーリングやビタミンCイオン導入が主で、場合によっては飲み薬(トランサミン)をお出しします。
完治は難しく、治療により抑えるといった効果です。
最近では、アクシダーム(メソダーム)という美白剤導入が可能な治療法もあり、好評を頂いております。
但し、昨年からごく低出力でQスイッチNd:YAGレーザーを照射するレーザートーニングという手法が登場しました。
これはかさぶたを作らない方法で、月に2回程度、数回実施することで肝斑を薄くすることができます。
他の治療法と併用することで、ある程度結果を出すことが可能です。
遅発性両側性太田母斑
成人以降に両頬に点状に発生するアザです。やや青い色をしていて多発します。
シミ・肝斑との区別が難しいので、いつも苦労します。シミより深くに色素が存在します。
レーザーにて薄くできます(複数回必要)。肝斑と重なることもあるので診断には注意を要します。
また、治療の経過では一時的に色が濃くなるような事も多く、途中は我慢が必要です。
ほくろ(色素性母斑)
薄いものはシミとの区別が難しいものです。しかしほくろは最初からほくろです。
シミがほくろに変わるということはないでしょう。
炎症後色素沈着
ケガやニキビの後のシミ。深くまで色素が存在し、レーザーが無効な例も多いものです。
これもレーザートーニングで薄くすることができます。
くすみ
シミではなく、角質の傷みや乱れなどで肌の透明感が落ちている状態です。
クリーム・ピーリングが著効します。

では、シミに対する各種治療法について記載します。

医療クリーム・ピーリング

くすみ」や薄い「しみ」には医療クリームをお出しします。医療クリームはレチノイン酸やビタミンC、皮膚漂白剤(ハイドロキノン)、こうじ酸など様々な種類があり、単独もしくは組み合わせで処方します。もちろん個々に応じてその濃度も変更します。通常2~3ヶ月塗れば、効果は実感できますが、即効性はありません。2ヶ月に一度受診し、一回数千円程度の負担です。それ以外にもケミカルピーリングといって特殊な酸を肌に塗ってくすみを改善する方法もあります。この場合も治療直後から化粧ができます。2週間ごと6回の治療が必要です。これらは輪郭の追えるようなシミに対しては効果は薄いでしょう。


レーザー治療

輪郭の追える「しみ」や「そばかす」にはレーザー治療が最適です。レーザーといっても怖いものではありません。他の部分には一切影響なく、しみ・そばかすのみが除去できます。痛みも輪ゴムではじかれる程度です。レーザーというのはメラニンのみを消し飛ばすものです。通常1~2回の照射で対応できます。但し、1週間程度はかさぶたになりますので、予定のある方はスケジュールを調整して下さい。原則、かさぶたの上に肌色のテープを貼ります。仕事上難しい方には擦らないという条件はつけますが、炎症止め入りコンシーラーで対応することも可能です。もっとも範囲が狭ければほとんど目立ちませんし、少しずつ分けて治療しても構いません。
レーザーによる除去費用は1平方センチあたり2万円、そばかすは一個千~二千円です。但し、高額治療ではないかと心配なさる人も多く、実際にそばかすの治療となると、殆ど顔全体にに照射することもあります。そのため、当院では、そばかすが取れるまでの定額料金も設定しています(治療は半年以内の制限:日焼け・加齢で再発するので永久には保証はできません)。そばかすの場合は各種レーザー・光治療器を併用して治療することも実施します。これも定額保証の費用に含みます。当院では一つのレーザーのみではなく、様々な方法を駆使して、最善の結果となるように治療をします。主にQスイッチレーザー3種を用いて治療をしています。

しみのレーザー治療模式図

しみ レーザー治療
レーザーはメラニンのみに反応する特殊な波長を持った光です。

しかし、すべてのしみが消えるわけではありません。炎症後色素沈着といってしみのレーザー治療後2~3週間で戻ってしまうことがあります。日本人の場合は、シミの約4割がこの炎症後色素沈着を生じるとされています。但し、この場合は数ヶ月後に色が薄くなり、結局きれいになります。ゼロになるわけではありませんが、薄くなります。もちろん最初のかさぶたが消えてしばらくしても色が出てこない方はそのままきれいに消えたままです。これは肌の質によります。日焼けして黒くなる方ほどこの炎症後色素沈着の確率が高くなります。メラニンの活性が高いのです。特殊なクリームを上手に使用して、程度を軽くしたり、結果をより良くできます。


フォトセラピー

フォトセラピーはフラッシュランプ・パルスライト(PL,IPL,SPL)と称される治療法です。スターラックス、フォトフェイシャルやI2PLなどの機種がありますが、当院ではスターラックスを使用しています。
このフォトセラピーはシミを除去するというよりも、濃いシミを薄くする治療法です(局所の効果はレーザーの方が優れています)。あまり薄いシミには効果はありません。最大のメリットは治療後にテープを貼ったりという、生活上支障になることがあまりないことです。もちろん治療部はかさぶたが生じますが、通常どおりのメークは可能です。また一部というより顔全体を照射し、全体的な色のトーンや肌のつや、張りを改善することをも目的としています(光老化に対する治療と一般には言われます)。月に一度、3回程度の治療が必要です。
レーザーとの使い分けは、はっきり取りたいしみが決まっている場合はレーザーを、何となく肌の色を良くしたい、全体に改善したい、仕事にあまり大きな支障を出したくない、などという時にはフォトセラピーを用います。


レーザートーニング

ごく低出力でQスイッチNd:YAGレーザーというレーザーを照射します。肌に軽い刺激がある程度でさほど痛みはなく、またかさぶたは生じません。炎症後の色素沈着や肝斑に有効な手段ですが、殆どの場合は単独ではなく塗り薬や飲み薬を併用します。従来レーザーでは不可能だった疾患に有効な最新の治療法です。詳細はこちら

もう一つ、最近の機器として、MesoActhys(メソアクティス・アクシダーム)という機械があります。これはイオン導入や超音波導入と同系統の機械ですが、かなり力が強く、かつ大抵のものを導入できるという原理ゆえに、美白剤などを強力に作用させることができます。薄いしみや肝斑の治療などに有効です。

料金表


ホーム

診療案内・地図