1. みやた形成外科・皮ふクリニックHOME > 
  2. スキンケアの実際

一般美容知識へ  ホームへ 

スキンケアの実際

はじめに

スキンケアは皮ふを健康に保つためのケアです。もちろんこの中には皮ふの病気であるニキビやアトピー性皮膚炎などの治療補助としての要素も含まれます。治療を施す上でスキンケアを無視した指導は、結局はそのときの症状を抑えるだけであり、長い目で見ると治癒できないことになります。皮ふの質(肌質)を根本的に変えることは困難ですから、普段のスキンケアを十分考えた上での治療が重要です。当然のことながら、スキンケアを中心として、悪化したときに医療行為としての治療を実施することが最善の方法です。


さて、病気のお肌のみならず、通常の方においても肌荒れや乾燥、脂性、しみ、しわ、そばかす、毛穴の黒ずみ、毛穴が目立つ等々お肌の悩みは数知れません。これらは化粧品で対処できることも多いのですが、現代医学の進歩によって、特殊な導入治療やケミカルピーリング、レーザーなどで改善することが可能となってきました。

知らなければ治らないと思っていた様々なお肌の悩みの多くが解決可能であるということを、皆さんに十分に知ってもらいたいと思います。

以下には化粧品など通常のスキンケアについて説明します。詳しい方なら十分ご承知のことだと思いますが、もう一度確認してみて下さい。


スキンケアは通常は皆さんご存じのように、洗浄・保湿・保護に大別できます。つまり皮ふを痛めつける有害な刺激を取り除き、保湿して角質のバリア等を正常に保ち、きめを整え、刺激から守るというステップが必要です。化粧品はこれらの役割を十分に担えるように開発されています。さらには医薬部外品といって美白成分などを中心とした積極的なスキンケア、医療に近いことが可能な製品も昨今の美白ブームに伴い増えてきました。

一般的には化粧品会社の勧める方法に沿えば、安心です。しかし効果は即効性のものと徐々に出現するものがあるので、焦らず信じて、説明書きを守って使用するのがよいと思います。もちろんあくまで健康な肌の少しのトラブルくらいまでが適応ですから、しみやしわなどが消えてなくなるなどということはありません。化粧品会社の販売員は会社の研究員の考え通りに宣伝して販売しているわけではないのですから、実際購入の際にはパッケージの説明そのものだけを信じて下さい。

スキンケアの基本は、良質な洗顔料で汗・あぶら、汚れや化粧を優しく取り除き、すぐに角質の保湿(水と油両方)のための化粧水と乳液をつけ、新陳代謝を高める成分や紫外線を遮る成分、ほてりを抑える成分を皮ふに与え、マッサージによる血行促進などを追加して行うことです。あくまで長い期間(少なくとも3ヶ月)にわたって同じものを使うことが重要です。1〜2週間使って効果がないなどといって、化粧品を次々に変えていくことは全く意味がありません。もちろんかぶれなど皮ふの異常が起こったらすぐに化粧品を中止することは当然ですが。

さらに重要なことは肌の状態はストレスや睡眠時間などに左右されます。特に女性はホルモンのバランスなども崩れやすく、排卵日後からの黄体ホルモンの増加に伴う生理前のニキビ悪化などを招きます。

ストレスがたまったら健康的に発散させ、規則正しい生活を送り、飲酒はほどほどに!

よく、化粧品を何も使わないという人もいます。肌の強い人では良いかもしれません。しかし、同じことをしていても、顔中シミだらけになったり、シミ一つない人はいるものです。肌質によるのです。お酒に強い人と弱い人がいるのと同じですね。でも、肌質として傷みやすくても、きちんとしたスキンケアをしていれば、肌は保たれます。

もちろん、化粧もしない、洗顔もしない、大気汚染もストレスもない、そのような生活であれば、肌の心配など一切いらないでしょう。

もっと具体的に!

しみ・しわの基礎知識

トップへ