1. みやた形成外科・皮ふクリニックHOME > 
  2. たるみ治療 > 
  3. ウルセラ > 
  4. ウルセラとサーマクールの違い

ウルセラとサーマクールの違い

サーマクールとウルセラシステムの効果は異なります。サーマクールはtighteningつまり引き締めを主としています。一方のウルセラシステムはlift-upつまり引き上げです。

サーマクールは高周波(ラジオ波RF)によって繊維成分を主として焼き縮めていくような機器です。ステーキ肉を鉄板で焼くと,そのサイズだけではなく厚みも変化するように,全体に引き締めていくものです。
一方ウルセラシステムはその照射深度が厳密に固定されており、狙った層以外は一切破壊されません。

わずか1立方ミリメートルに満たない小範囲の点状の熱凝固を同じ面状(深さ)に無数に発生させます。つまり平面的に収縮していきます。もちろん機器の焦点を甘くして広範囲で焼く・引き締めることも理論的には可能ですが、ウルセラシステムの破壊力は非常に強いため、焼灼したくない血管や神経、脂肪など全てが壊れてしまいます。
ウルセラのメリットは強力な焼灼力であり、それを厳密にコントロールして狙うべき安全な層(表在性の筋肉や筋膜)だけをサーマクールよりもずっと強く焼灼していくのです。その破壊する層は4.5ミリ、3ミリ(一部1.5ミリ)です。

非選択的に大きなボリュームとして全体を焼いて縮めていくサーマクールとピンポイントの深さで必要な層のみを強力に焼いて縮めていくウルセラシステム,似ているようで大きく異なるのです。

実際に得られる効果として、サーマクールはよく小顔になったと言われます。顔が三次元的に縮むことによって,そう感じます。加齢であごのラインがもたついたり、やや丸くなった顔には非常に効果が高いのです(若くて単に丸い顔には効果はあまりありません、皮膚が少し緩んでいることが条件です)。
と言うことはあまり痩せた顔の人に実施をするとさらに顔が縮みますので、やつれた印象を与える事があります。

一方のウルセラシステムはポニーテールをしたような変化が生じます。顔が引き上がってぎゅっと締まった印象ですが、決して小顔になったわけではなく、まさにlift-upという表現が適していると思います。ウルセラが切らないフェイスリフトと言われる理由がここにあります。
そしてこれらの違いを理解頂くと、この両者を併用した治療法が機器での最大の効果を得る手法であると理解頂けると思います。

当院では同日にサーマクールとウルセラシステムを照射する手法もおこなっています。広範囲に照射するサーマクールにて全体を引き締め、その上で表在性の筋膜や筋肉を狙うようにウルセラシステムで焼灼して引き上げていくことによって、しっかりとした結果を得つつも安全な施術を実施しています。やみくもに2つを併用するのではなく、両者の違いを理解して、過度のダメージを発生させず、かつ不足のないように照射していくことが重要です。
当院院長は日本で初めてこの手法を日本形成外科学会にて発表し、手技の重要性について論じてきました。今では多くのクリニックが実施をしていますが、やはり理論を理解して正しく照射することが重要です。

最後に、リスクの違いも説明しておく必要があります。
筋肉や筋膜を安全に焼灼して引き上げる治療器はウルセラシステムが世界で初めてです。この焼灼する層というのは他の機器では作用できない深度です。それゆえに本当の意味でのlift-up治療と言えるでしょう。ただ、上述のように点状熱凝固で周囲に影響を与えないようにコントロールしていますが、顔面の解剖を理解していないと、焼灼してはいけない部分に作用してしまい、様々なトラブルを生じさせます。
日本ではウルセラシステムの販売当初、形成外科医にのみを対象としていたのはそのためです。顔面の様々な手術を経験している形成外科専門医は、解剖つまり血管の走行や神経の位置、筋肉のある深さも熟知しています。どんな治療機器でもリスクはあります。
しかし万が一、何か異常が生じた場合に,それが治るものなのか、もしくは永久に残るものなのかは,こういった医師の資格にも左右されます。一方のサーマクールは皮膚へのヤケドのリスクなどはありますが、それ以外は特定の物を強くは破壊しないために一般皮膚科的知識があれば対応ができるでしょう。

ウルセラシステムのリスク・ダウンタイム
https://www.toracli.com/ulthera.html#ulthera4




トップへ