毛穴治療

当院では毛穴の開大に対し、主にダイヤモンドピーリングやフォト系の光治療(スターラックス)を実施しています。

しかしながら、ノーダウンタイムつまりは日常生活そのままに、かさぶたなど生じないで治療する方法では限界があることも事実です。そこで1週間ほどの覚悟がある方には特殊な治療法をお勧めしております。この方法は当院で考案し、学会等で発表を行っております。
最近では幾つかのクリニックが追随して治療を始めて下さるようになりましたが、万人に満足できる結果が得られるわけではなく、また手技的に若干のコツを要する方法です。

その方法とはカーボンオイルを使用して、ロングパルスレーザーにて毛穴を主に焼いてしまう方法:Gカーボンピールです。既存のQスイッチYAGレーザーによるカーボンピーリング(レーザーピーリング)と比較し、非常に熱作用が強く、毛穴をきちんと焼き、引き締めることができます。ゆえに長期にわたって効果を維持することが可能です。
今までは毛穴の詰まりを除去することが不十分の場合には、あまり顕著な効果を得ることができませんでしたが、超音波洗浄を併用することや、ダイヤモンドピーリングにて詰まりを吸引した直後に施術することで、かなりしっかりとした効果を得ることができるようになりました。
液状のカーボンオイルを毛穴にしっかりと塗り込んで、そのカーボンに強く反応するレーザーを照射、皮膚表面は冷却ガスにてしっかり保護しながら照射します。するとカーボンは高温になり、周囲組織、つまり毛穴の中を焼きます。ヤケドです。その熱による収縮を利用し、毛穴そのものを大きく縮めてしまいます。もちろんレーザーの照射される時間は非常に短く、毛穴の中の皮膚表面のみが破壊されるのみであり、また強力な冷却保護作用によって、毛穴以外の皮膚表面はちょうど強い日焼けで皮膚が剥がれるような状態に留まります。すでに4年ほどこの方法を行っており、安全面に関して実証できております。

ちょっと怖いとは思いますが、レーザーという機器の特質を利用し、狙った標的である毛穴のみをきちんと収縮させる事が可能で、現在行われている方法の中でベストであると確信しております。

もう一つの利点は、1回でも効果を得られることが多いということです。もちろんもっと上の効果を目指す場合は複数回になりますし、鼻のような皮膚の硬い部位では反復した治療(5~6回)が必要ですが、頬のような皮膚の柔らかい部位では大抵1回で満足した結果を得ることができます。

なお、加齢によるたるんだ毛穴の場合はたるみそのものは改善しませんので、その分だけ効果は劣りますが、変化は生じます。

毛穴治療の手順

手順としては、まずピーリングや洗浄で毛穴の中の皮脂などをしっかりと除去、その後に塗る麻酔薬を用いて表面麻酔をし、1時間経過した後でカーボンオイルを塗布、皮膚表面に余分についたものをきちんと拭き取って、さらにもう一度毛穴に塗り込みます。その上でロングパルスレーザーを照射します。

レーザーによる毛穴治療 翌日の状態
頬のみ治療翌日の状態

費用に関しては、顔全体で1回4.5万(税別)、鼻のみで1.5万円です。既存のダイヤモンドピーリングを6~10回受けていただいた方、つまりは総合的な改善治療をしていただく場合にはピーリングと同額の費用で実施しております。できるだけダイヤモンドピーリングの併用をお勧めしております。

毛穴でお悩みの方にはお勧めしております。ただ、1週間、強く日焼けした後のような薄いかさぶたが生じることはご了承下さい。テープを貼ったりする必要はございません。


ホーム

診療案内・地図