スカルプシュア

スカルプシュアは世界で初めてレーザーで脂肪組織を減少させることが証明された機器です。当院はアジアで2台目の導入となります。

みやた形成外科・皮ふクリニック 院長 宮田成章

みやた形成外科・皮ふクリニック
院長 宮田成章

防衛医大卒。同大形成外科、札幌医大形成外科、市立室蘭総合病院形成外科勤務の後、美容・形成外科クリニック院長勤務を経て、みやた形成外科・皮ふクリニック開設。

スカルプシュアは、麻酔の必要もなく、軽度の痛みのみで物理的に脂肪細胞を減少させていきます。
既に米国では非常に人気のある機器で、当院で導入している凍結脂肪融解機器ゼルティック社のクルスカと並んで最も有効性の高い機器として評価されています。当院院長は2016年春に開催された米国レーザー医学会に参加し、この機器の最新知見を世界に先駆けて学び、製造メーカー本社を訪問して開発者からのレクチャーも受けてきました。 また2016年7月に台湾で開催された美容系の国際学会IMCASにおいて、世界初のアジア人データ・結果を発表しました。

Nariaki Miyata M.D., Ph.D.
Clinical experience with SuclpSure on Japanese Patients, IMCAS Asia 2016, Taipei, 30th July, 2016.

理論

スカルプシュアは皮膚へのダメージはなく、脂肪を選択的に・広範囲に減少させていきます。レーザーの波長は脂肪への吸収に最適化され、表層は冷却によって保護されます。
140平方センチ(7x20センチ)の広さ、皮下脂肪2.5センチの厚みに対して約45℃に加熱、25分間それを維持させることによって、脂肪細胞がダメージを受け、6〜12週間かけて徐々に排泄されていきます。

この写真はサーモグラフィーという温度を測って色で表示できるものです。このうち、白や赤は高温域、青は低温です、上方に青い突起が幾つか見えるのがスカルプシュアのハンドピースです。装着された皮膚表面は低温で、内部の皮下脂肪のみ高温であることが分かります。

一気に破壊すると、壊死という非常にリスクのある破壊となるため、緩やかな破壊吸収を生じさせる45℃、25分という加熱は安全性が高く、かつ非常に有効です。

レーザーの最大のメリットは選択性破壊です。つまり他の機器と異なり、標的とする組織に吸収され、他の組織には殆ど影響を与えません。シミやアザの治療がレーザーでおこなわれるのは、メラニンに選択的に吸収され、他の組織には影響を与えないためです。これと同様に、脂肪組織への程良い吸収と皮膚全体へ殆ど吸収されない波長(1060 nm)を用いています。

効果

1回の施術で変化することもありますが、6週間以上空けて2回以上の施術をおこなうことが効果的です。装着できるレーザー照射部は4つのパーツ・エリアからなり、それぞれ4x6㎝の面積で、周囲に熱が波及するため、1パーツ・エリアあたり5x7㎝の範囲で脂肪が加熱されます。これによって合計140平方センチの面積、2.5センチの厚みの脂肪が加熱され、その2割程度のボリュームが減少するとされています。バンドのついたフレーム状の固定装置を治療部に装着し、そこにレーザーの照射ハンドピースを取り付けます。最初の4分で加熱していき、合計25分間、高温を維持します。

この4つのパーツは自由に分割できるため、皮下脂肪のあるあらゆる部位に装着できます。腹部や腰周りだけではなく、太ももや二の腕などにも装着可能で、左右の太ももに2パーツずつなど、希望によって様々なバリエーションでの施術もできます。
治療後のダウンタイムは殆どなく、少し肌が赤みを帯びる程度です。しびれや内出血なども生じません。安全性に関しては、最も高い機器と言えます。

短期的な副作用としては数日間治療部に痛みが生じることがあります。太ももの施術で特に生じやすく、危険ということではありません。脂肪が破壊されるために生じる痛みと考えられています。

但し、その効果は体重減少ではなく、あくまで皮下脂肪の減少です。脂肪吸引と同じく、ぜい肉を取る治療になります。もちろん脂肪吸引ほどの大きな変化はありませんが、安全に痛みが少なく皮下脂肪が減少するスカルプシュアは次の世代の脂肪融解装置です。

では凍結脂肪融解機器のゼルティック社クルスカとどう違うのかですが、クルスカはバルジ理論という、ぽっこり膨らんでいる部分を装置で吸い込んで凍結させます。細身の日本人特有の膨らんでいない平坦なエリアや逆に曲面のあるエリアには装着が難しいものです。どこでも装着できて治療できるスカルプシュアとお考えください。もちろん両者を併用し、まずは大ざっぱにポッコリ膨らんだ腹部をクルスカで治療し、その周囲や仕上げにスカルプシュアを使うという事も可能です。
世界最新の脂肪破壊、ぜい肉取りレーザーであるスカルプシュアは非常に安全で有効な機器となります。

治療費

治療費は4つのパーツ,合計140平方センチのエリアで1回6万円(税別)となります(1エリアあたり15000円)。どのように装着するかはご希望を聞いて、ある程度自由に選択できますが、基本的には4エリアで1回の治療となります。

海外症例

当院症例

スカルプシュアお尻

スカルプシュア太もも
スカルプシュア腕


スカルプシュアの予約へ

ホーム

診療案内・地図